PULCHRA(プルクラ) > トレーニング > 膝痛 腰痛 就寝時の姿勢が原因

膝痛 腰痛 就寝時の姿勢が原因

2018年9月12日

カテゴリ

寝ている時は、無意識です。しかし、寝る前に寝やすい姿勢をとりながら就寝していると思います。腰痛や肩コリ、関節痛に悩んでいる方がいましたらお読みください。

浮腫みが気になるから

女性の方の一番の悩みが浮腫みです。仕事後の脚の怠さを少しでも軽減したいと足をクッションなどに持ち上げて寝ている方がいましたら注意です。足を曲げているのであれば問題ないですが…足を伸ばしている状態で寝ていると膝の関節が反張している可能性があり膝に負担になって関節痛の原因になっているかもしれません。※反張膝とは、膝が反ってしまっている状態を言います。

手を頭上にあげて寝る

ストレッチされて気持ちが良いからバンザイした状態で寝ています。現代社会、デスクワークなどの影響で猫背の方が増えています。猫背の方の多くは、肩関節に制限(凝り)があるため…バンザイなどの腕を挙げる動きをすると腰が反ってしまい腰痛の原因になってしまいます。寝ている時にバンザイ姿勢で寝ていると腰痛になってしまう可能性がありますので注意が必要です。

睡眠に入ってしまえば無意識になってしまいますが…寝る前の体制は、変えることが出来ます。起きたときに身体に違和感があるときは、寝る前の姿勢や寝る環境を変えることで改善されることもあります。大切な睡眠を快適にしていきましょう。

体験コースのご予約・お問い合わせ・ご相談はこちらから

042-850-9198

平日9:00~21:00 
土/日/祝祭日 9:00~19:00

※上記時間外も対応が可能です。ご予約時にお問い合わせください。