PULCHRA(プルクラ) > トレーニング > 糖質制限が脳に与える影響。糖新生 心臓への負担

糖質制限が脳に与える影響。糖新生 心臓への負担

2018年7月23日

カテゴリ

まずはじめにお伝えしていことが…当スタジオは、糖質制限を推奨しておりません。糖質は、脳にとって大切な栄養素となるためストレスが溜まるだけでなく脳の働きを低下させてしまいます。健康でいる為には、必須な栄養素です。

脳と糖質

脳は、糖質をエネルギーとして働きます。朝食を抜いた時などに頭が回らなかったりとボーっとしてしまうことがあると思いますが糖質が不足が原因で…糖質を摂らない=脳の働きを低下になってしまいますので危険です。しかし…なぜ糖質制限をすすめているジムがあるのか?

糖質制限は、痩せる

炭水化物を食べないことによって脳の働きは、低下してしまうので…炭水化物の代わりに脳に栄養を送らないといけなくなります。そこで身体の内部では、『糖新生』が行われます。糖新生とは、たんぱく質などを分解して糖に変える仕組みになっていています。なぜ痩せるのかがここにありまして…糖新生を行う時に必要な物質がもう2つあり脂肪に含まれる脂肪酸と水分です。脂肪酸を使うことによって脂肪が減る=体脂肪が減るという仕組みになっています。ここまでだと問題が無いように感じますが…問題は、水分にあります。

水分多量に使用

脳に糖を送るために多量の水分を使用します。フェスティングなどの時に水分をしっかり摂ってくださいっと言われるものそこにあります。体内の水分をが不足すると循環が悪くなり…心臓などに負担がかかります。その状態で運動をすることにで内臓などに負担がかかり健康を阻害する恐れがあります。

糖質制限を全否定するわけでなく…ポイントで使用することをおすすめしています。ファスティング時や生理終わりなどの短期間です。長期の糖質制限は、確実に身体に負担をかけてしまいますのでやめましょう。

体験コースのご予約・お問い合わせ・ご相談はこちらから

042-850-9198

平日9:00~21:00 
土/日/祝祭日 9:00~19:00

※上記時間外も対応が可能です。ご予約時にお問い合わせください。